So-net無料ブログ作成

海老蔵の勧進帳 [歌舞伎]

7112652[1].jpg

毎年、5月、歌舞伎座での「團菊祭」を、楽しみにしています。「團菊祭」は、昭和11年、九代目市川團十 郎と五代目尾上菊五郎の没後33回忌をきっかけに、この二人の名優を顕彰して始められたそうですに。

九代目團十郎は、歌舞伎や、歌舞伎役者の社会的な地位向上に尽力した人物と言われています。市川家に伝承されている、「歌舞伎十八番」を積極的に演じる事に加え、彼自身が、「新歌舞伎十八番」(人気狂言の鏡獅子等)を制定しました。また、九代目團十郎は、型が重要だった歌舞伎に、その役の人間性、精神性を投入したと言われています。これは、鎖国していた日本に。明治になり、新しい演劇も西洋から輸入されてきた影響とも言われています。

また、五代目菊五郎は、能狂言に題材を取った、「茨木」「素襖落し」などに歌舞伎音楽を加えた「新古演十種」を世にだしました。この名優二人が同時代に活躍したこともその後の歌舞伎にとって、幸運だったと思います。

戦争中や、戦後の危機を乗り越えて、「歌舞伎」は博物館に入ることなく、多くの日本人に支持され、現在もなお、人気を保っています。

この5月の「團菊祭」で、来年13代市川團十郎襲名が決まった、海老蔵が、

歌舞伎で最も人気のある出し物、「歌舞伎十八番」でもある、「勧進帳」の「弁慶」を演じました。九代目が提唱した、「型に魂を注ぐ」ことを、体現してくれた、素晴らしい「弁慶」でした。19歳(当時新之助)から、何度か演じてきた役ですが、42歳になって、やっと、型に魂が入り、それがオーバーフローする事無く、型も美しくエネルギーに満ち満ちたものでした。長寿社会になり、現在、42歳はまだまだ若い!と言われていますが、パフォーミングアーツの世界では、40歳台は「心・技・体」が最も充実する年代と思います。(特に男性は)

これはオペラでも、言えます。イタリアのテノール歌手、ヴィットリオ・グリゴーロと海老蔵は同じ年代です。これから、この二人の「旬」を楽しみたいと

思います。Kiki


タグ:歌舞伎
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 1

水野隆夫

いいですね!教養をつけさせていただきます。
NICOのブログもご覧ください。
by 水野隆夫 (2019-06-20 20:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。